2017年12月12日 (火)

学年朝会(12月)

 今朝は学年朝会が行われました。
 武道場で行われた2年の学年朝会では,学年生徒会の各委員長・副委員長が決まったので,まずそれぞれの生徒たちが自己紹介と取組の抱負を述べました。その後,給食委員会から各クラスの給食の準備や後片付けの様子がスライドで紹介され,4校時終了後の5分着席・食器の後片付けをしっかりしようという呼びかけが行われました。
 最後に,先日行われた持久走・駅伝大会の表彰も行われました。

学年の給食委員会から給食の準備や後片付けの実態が紹介されました。 先日行われた持久走・駅伝大会の表彰が行われました。

今日の給食

2017年12月11日 (月)

第3回漢字検定 のお知らせ

 生徒には文書を配布いたしましたがお知らせします。

1 検定日 平成30年2月9日(金)
 ※ 校内申込〆切 12月21日(木)

2 検定料

 2級 3,500円(高校卒業・大学・一般程度)
準2級 2,500円(高校在学程度)
 3級 2,500円(中学校卒業程度)
 4級 2,500円(中学校在学程度)
 5級 2,000円(小学校6年生修了程度)
 6級 2,000円(小学校5年生修了程度)

3 その他

  • 受験希望者が学校全体で10名に満たない場合は,検定そのものが実施できません。その場合は,申込者には返金します。
  • 結果が届くのは1ヶ月後です。3年生は進路情報として記載することはできませんので,3年生が申し込む際には,その点を確認して申し込みましょう。
  • 受検を希望する生徒は,検定料を入れる封筒を職員室廊下後方入口付近にある棚の上から各自取ってください。その後,(配布文書)下の申込用紙に必要事項を記入の上,申込用紙と検定料を封筒に入れて,国語科の先生(1年生は緒方先生,2年生は内田先生,3年生は村上先生)に提出してください。封筒にも必要事項を記入してください。第3回検定の申込〆切は12月21日(木)までです。
  • 検定は1時間程度かかります。特にバス通学生は下校手段を確認して申し込みましょう。
  • 部活動生は,大会等のスケジュールをよく確認して申し込むようにしてください。

今日の給食

続きを読む »

薬物乱用防止教室

薬物を入手しようとした場合の危険性について,詳しく教えてくださいました。

 午後から体育館で薬物乱用防止教室が行われました。
 まず,生徒会保体委員会の生徒たちから,薬物の種類やそれらが成長期の生徒たちのからだにどのような影響を及ぼすか,についての発表がありました。
 引き続いて,1学期の情報通信機器安全教室でお招きした,NPO法人 ネットポリス鹿児島 から戸髙成人さんに講師として来ていただき,違法薬物を使用した際の症状について,動画で見せていただきました。そして,違法薬物は最近ではお店での入手は困難になってきておりインターネットを通じた購入が中心になってきていること,違法薬物を紹介・販売しているサイトに興味本位でアクセスしたりすると,誰がアクセスしたかを追跡・特定可能であることについてふれられ,私たちがもし違法薬物に関するトラブルに巻き込まれた場合の対処の仕方について,教えていただきました。
 最後に,生徒会生活委員会の生徒が代表して,お礼の言葉を述べました。

 生徒たちは,帰りの会の時間に,今日の薬物乱用防止教室できいた話の感想や心に残ったこと等を感想文にまとめました。

今日の給食

2017年12月 9日 (土)

門松づくり

 今日は,午後1時30分よりPTAのおやじの会の皆さんが門松を作ってくださいました。

 門松は,幸せをもたらしてくれる年の神をお迎えするため,門のところに飾るのだそうです。一年中葉を落とさない松は永遠の命の象徴,成長が早くまっすぐ育つ竹は生命力の強さを表し,南天は「難を転ずる」ということから赤い色とともに縁起のよいものとされて,門松に飾られます。他にも葉牡丹や末吉特産の柚など,およそ1時間半ほどで飾り付けを終え,立派な門松ができあがり,新年を迎える準備が整いました。

3本束ねた竹を土台に土嚢を使って固定します。 正門に飾り付けが終わった門松を囲んで記念写真を撮りました。

人権教育講演会

 今週は人権週間です。末吉中学校では2・3校時に体育館で人権教育講演会を行いました。

 講師に認定心理士の 徳丸洋子 先生をお招きし,

「命の授業」
~太陽になろう~

という演題で講演をしていただきました。
 先生の体験から,「つらい思いを体験したからこそ寄り添って支えられる仕事ができる」,というカウンセラーの仕事につくきっかけから話に入られ,他人の,周りの人々との違いを分かろうとせずに排斥する心がいじめにつながること,一人一人の違いをその人の個性として受け止め理解しようとする心が大切であることを話されました。
 いじめをする人にも何らかのストレスを心に抱えており,その発散のためにいじめが起こること,夢を持って,そのためにいろいろなことにチャレンジし,どんな小さなことでも自分に自信を持ち,そして自分を好きになってほしい。

どんなことがあっても人生をあきらめないで
愛と夢をいつも心に。

という言葉で講演を締めくくられました。

 後半は4人で1つのグループを作ってワークショップを行いました。1人が太陽を描いたまわりに他の3人が別の絵を描き足しいってお互いの絵を完成させ,違った考えを持つ1人1人の物事の捉え方・考え方・思いを尊重してほしいことを形に表しました。

 最後に生徒代表が,お忙しい中講演に来てくださった先生にお礼の言葉を述べ,花束を渡しました。

4人が1つのグループになり,それぞれの絵を4人で少しずつ描き足していって完成させました。 生徒を代表して,生徒会本部役員の生徒がお礼の言葉を述べました。

サイト内検索

最近のトラックバック

アクセスカウンタ:アクセスカウンター PageView(H28.12.21~)
© 2016 Sueyoshi Junior High School, Kagoshima Pref.